• HOME
  • グリーン住宅ポイント制度について

グリーン住宅ポイント制度について

グリーン住宅ポイント制度とは?

一定の省エネ性や耐震性、バリアフリー性能等を満たすリフォームを行う場合に、在宅ワークなどの「新たな日常」や防災に対応した商品や追加工事、環境や子育て支援等に対応した商品と交換できるポイントを付与する制度です。
今回の制度では、取得したポイントで特定の商品へと交換ができるだけでなく、「即時交換工事」といった獲得したポイントを追加工事の費用として使用することができる点が大きな特徴となっています(即時交換は対象となる追加工事に限定されます)

特例に当てはまる場合、さらに付与ポイントが引上げられます。

ポイント分で通常のリフォームよりもお得に工事を行うことができますので、制度を有効に活用して快適なお住まいへとリフォームしましょう。

※本制度の実施は令和2年度第三次補正予算の成立を前提としています。以下の内容は変更がある得ることにご留意ください。
※当ページは令和2年12月15日現在の情報を基に制作されています。詳細は国土交通省のホームページをご覧ください。

リフォームで対象となる住宅(持家・賃貸)

対象住宅上限ポイント
(基本の場合)
上限ポイント
(特例の場合)
  1. 断熱改修またはエコ住宅設備(必須)
  2. 耐震改修
  3. バリアフリー改修
  4. リフォーム瑕疵保険等への加入

30万ポイント/戸

60万ポイント/戸

※特例にあたる条件は、下記いずれかに該当する場合
①若者(40歳未満)・子育て(18歳未満の子どもがいる)世帯。上限は45万ポイント。既存住宅の購入が伴う場合は上限60万ポイント
②①以外の世帯で安心R住宅を購入しリフォームを行う場合、上限が45万ポイントに引上げされます。

制度の対象期間

グリーン住宅ポイント制度の対象期間は限られており、2020年12月15日から2021年10月31日までの期間内に申請を完了したものが対象となります。(最初の契約(原契約)を締結した日とし、変更契約は対象になりません)

※予算の執行状況により、早期終了となる場合があります。
※ポイント発行申請は原則として工事完了後に行います。
※工事請負契約額が1,000万円(税込)以上のリフォームは、工事完了前であってもポイント発行申請可能です。詳しくはお問合せ下さい。

ポイントで交換できる商品・工事

グリーン住宅ポイントと交換できる商品・工事共に、新型コロナウイルスの影響から「新しい生活様式」を意識したものが対象となります。
「子育て支援、働き方改革」の項目から時短につながるアイテム(家電など)など、具体的な内容については準備が整い次第発表される予定です。

※具体的な交換可能な商品などの情報が出次第随時更新をしていきます。


下記に資する商品

  1. 「新たな日常」に資する商品
  2. 省エネ・環境配慮に優れた商品
  3. 防災関連・健康関連商品
  4. 家事負担の軽減・子育て関連商品
  5. 地域復興に資する商品

追加工事

「新たな日常」(テレワークや感染症予防)及び「防災」に対応した追加工事

※住宅の新築(賃貸)は追加工事のみ

ポイント交換申請期間

  1. 商品交換の場合:準備が整い次第~2022年1月15日(予定)
  2. 追加工事の場合:準備が整い次第~2021年10月31日(予定)

対象となるリフォーム工事のポイント数

1戸あたりの発行ポイント数は下記①~⑦の条件に応じて発行される合計となります。
なお、1申請あたりの合計ポイント数が50,000ポイント未満の場合はポイント発行申請ができません。

住宅のプロにお早めにご相談ください

グリーン住宅ポイント制度は一見すると難しく、適用できるかどうかもお客様の状況や条件によって異なります。まずは住宅のプロの私たちにご相談ください。
皆様がお得に各種工事を行えるよう、お客様おひとりおひとりにとって最適なプランをご提案させていただきます。


  • 無垢フローリングで上質な空間を

  • こんにちは。鎌倉店の新倉です。
    突然の雪など、急に寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。




    今回は、LDKと玄関ホールを積層フローリングから
    無垢フローリングに張り替えたリフォームを紹介いたします。





    【リビングダイニング】

    大塚邸 床①.jpg




















    【玄関ホール】

    大塚邸 床②.jpg



































    【リフォーム前】

    大塚邸 床③.jpg



















    今回使用しました床材は、「ウッドワン」の「ウォールナットソリッド」というフローリング材です。
    使用している家具や建具などが濃い茶色が多かったため、
    奥様とご相談し雰囲気が合うものを探して決定いたしました。









    大塚邸 ④.jpg





    こちらはナチュラルオイルフィニッシュと呼ばれる自然素材の塗料で仕上げており、
    無垢材でも表面が汚れにくいようにできています。

















    フローリング.jpg

    無垢フローリングは他にもこんな色や素材があります。


















    やはり無垢材はシートのフローリングにはない柔らかさや肌触りがあるのでいいですね。
    部屋中に張り上がると見た目もとても雰囲気が良く、奥様も大満足いただけました。


    積層フローリングと比べると少し値は張ってしまいますが、
    毎日過ごすお部屋でしたら、それだけの価値は十分にあると思います。

    またこちらのメーカーは他にも無垢材を使用したキッチンや洗面台などもありますので、
    水廻りと合わせての空間づくりもいい雰囲気になります。

    皆様も少し贅沢な床材でリフォームをしてみませんか?



    >>詳しく見る
  • はじめに
  • 木とタイルのやさしいリノベ
  • まるごと自然素材リフォームパック